Design デザイン・UI

 
スマホデザイン・UI

スマホで読んでみたくなる!UI・デザインが秀逸なWEBマガジン4選

メイン画像

過去の記事で、スマホの利用率は6割を超え、20代に至っては9割に達するというデータをご紹介しました。
情報収集もスマホで!が当然の今の時代。大量の情報をユーザーにいかに届けるか。そのことを第一に考えられ設計されているWebマガジンのスマホサイト。
そのUI・デザインの特長を今回はご紹介したいと思います。

mi-mollet(ミモレ)

キャプチャ1

講談社がミドルエイジの女性に向けて2015年1月に創刊したWebマガジンです。
ファーストビューでは、編集長大草直子氏が毎日投稿する記事を大きく紹介。更新感を演出しています。
「お悩み相談室」は文字一覧だけ、トピックスやランキングは写真付き2カラムで紹介。ページ全体でメリハリがきいたデザインです。
また、トピックスとランキング記事は、タブで切り替えられる仕様になっていて、多くの情報がページ内に端的におさめられるような工夫がみられます。

mi-mollet(ミモレ)

https://mi-mollet.com/

&w

キャプチャ2

朝日新聞デジタルが発行するWebマガジン。
男性向け「&M」と女性向け「&w」があり、ややUI・デザインが異なるものの、どちらも縦に記事がずらずらっと並ぶタイムライン型。
とってもシンプルでオーソドックスなデザインですが、記事写真も大きくタップしやすくて読みやすい、というのが個人的感想です。
なお、フローティングメニューで、すぐに男性向けにも切り替えられるようになっています。

OPENERS(オウプナーズ)

キャプチャ3

ファッションや自動車などの最新情報を発信するWebマガジン。
目を引くのは、メニューより上にある広告バナー枠です。
「WHAT’S NEW」記事は2カラム、「RECOMMENDED」記事は横スクロール、「RANKING」記事は1カラムと、それぞれ違ったデザイン。見た目には楽しく情報がつまっている感じはしますが、各ジャンルで動きが異なるこもあり、個人的にはちょっと使いにくいなと感じることがあります。

OPENERS(オウプナーズ)

https://openers.jp/

MATCHA

キャプチャ4

訪日外国人向けの情報Webマガジン。おすすめ記事がファーストビューにおさめられています。
ほかのWebマガジンと異なるのは、ジャンル別に記事が紹介されていること。
たしかに「FOOD」「EVENT」「HOW TO」と分かれている方が、観光客には使いやすいですよね。
フローティングメニューで、訪れるエリアとジャンルメニューが選べて検索するのにもとっても便利。その街をしっている私も使いやすいなと思って使っています。

MATCHA

https://mcha.jp/

多くの情報を伝えたいスマホサイトを作成する際には、ぜひヒントに!

多くの情報をわかりやすく伝えたい。そんなサイトを作成する際に、Webマガジンのデザイン・UIをヒントにして作成してみるのもいいかもしれません。

ちなみにこちらの記事では、ポータルサイトのUI・デザイン比較をしていますので参考にしてみてください。

タグ

自分を変えるチャンス、チャレンジするタイミングです。
始めてみるなら、未経験からでもWebデザイナーや動画クリエイターのプロを
目指せるスクールがデジハリのスタジオ横浜です。!
 最新記事