one web world one web ワールド

 
スマホデザイン・UIone web ワールド

ろくでなしのモバイルサイトはいらない

マルチデバイス

「まだまだPCサイトは主流」なのか?

2012年頃には、まだ10%台だったスマホの普及率が、ついに50%を超えるほどになってきました。若年層や女性層の間では、普及率が80%を超えるカテゴリーもあります。

そのためWebサイトにアクセスするデバイスも、PCではなくスマホやタブレットからの流入がかなりの数になってきました。昨年11月には、ヤフーのトップページのアクセスが、PCとモバイルで逆転しました。もはやインターネットのアクセスは、スマホなどのモバイルが中心といって過言ではないのです。

こんな状況を受け入れがたく思う人たちは少なくありません。モバイルの最適化を進めている私たち自身でも、現実の利用状況には驚くばかりです。多くの企業Web担当者が戸惑うのも無理はありません。

「まだまだPCサイトが主流。そんなに急いでスマホ対応してどうする?」

と、多くのWeb担当者が心のどこかに思っていることでしょう。

あまりにも激しい普及スピードに比べて、存在するモバイルサイトの多くは、お粗末なパフォーマンスのサイトがほとんどです。すでにほころびや問題・課題、また将来的にみても「作り替え」を余儀なくするサイトがあまりにも多いのです。実に無駄で、私たちはこれを「ろくでなしサイト」としています。

ろくでなしサイトは、やり直しがすぐに必要になる

「ろくでなしのモバイルサイト」が生まれてしまった背景に、誤った情報や、性能精査、勝手に決めつけたルール、少ない予算などがあります。これらのサイトには、次のような特徴があります。

【ろくでなしモバイルサイト】

  1. 縦スクロールが長すぎるサイト
  2. 操作系など、使い勝手が良くないサイト
  3. タブレットで使いにくいサイト
  4. 表示スピードが遅すぎるサイト
  5. 画像が重すぎるサイト
  6. 写真画像が汚いサイト
  7. ソーシャルシェアでちぐはぐなサイト
  8. ドメインやURLが異なるサイト
  9. SEO対策で上位表示されないサイト
  10. モバイル優先で設計されていないサイト
  11. ソースコードが汚いサイト
  12. 正規表現で作られていないサイト

これらの問題を整理するとおよそ次の5つのポイントに絞られてきます。

【やってはいけない必要事項】

  1. ユーザービリティが悪い(使いにくい)
  2. 別々のサイトになっている(LPが別々=SEO対策ができない)
  3. 表示スピードが遅い(見た目重視でパフォーマンスが考慮されていない)
  4. モバイル優先のデザインではない(モバイルファースト)
  5. Webが構造化されていない(正しい表記がされていない)

これらの不都合があると、将来を見据えた「マルチスクリーン時代に対応したWebサイト」を目指せるはずはありません。あくまでも暫定的でトライアル段階の未熟なモバイルサイトだというわけです。

ただし、すでに作ってしまったものは仕方ありません。大切なのは、これから構築する新しいサイトに対しては、将来を見据えて、やり直しの少ない正しいアプローチを行うこと。なにより、もったいないのは「時間の無駄」であり、「お金の無駄」です。マルチスクリーンの時代のWebには、こうしたことをクリアして、正しくサイトを構築していく必要があります。

この記事を書いた人
C1-5 占部雅一
株式会社ドーモ 代表取締役
雑誌の編集者を経て1995年にWeb制作会社を設立。女性コミュニティサイトの立ち上げ・運営、メディアサイトのコンテンツや広告開発に従事。近年は「マルチスクリーン対応」を意識した企業サイトのモバイル対応を推進。ユーザーベネフィットを生み出すモバイルWebの在り方を提唱している。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事