one web world one web ワールド

 
one web ワールド

スマホサイトは、スクラッチで構築したほうが儲かる!?

スクラッチ

スクラッチで構築したほうが儲かるという「妖怪の正体」!

この1年間は、ずっとモバイルサイトをより効率的に作る方法というものを調査・研究してきました。ようやく、はっきりしてきたので、これらを整理してまとめようとおもっています。

ところがやっかいなのが、目に見えぬ壁、理想を追わないほうが儲かるという壁です。

アプローチ方法

1.スクラッチで構築する

まず、スマートフォンサイトの多くが「スクラッチ構築」で作られています。つまり、手作業で、別途でスマートフォンサイトを作る手法のことで、大手サイトの約6割はこの構築方法で作られています。

○自由に、制限なくモバイルサイトが構築できる。
×運用コストが延々にかかる。×別サイトでマーケティング的に不都合。

だから、そろそろ企業のWEB担当者はもう気づいています。スクラッチで構築すると「最初は安く済ませられるけど、あとあとのコストが大変に無駄」と。

2.サーバーサイドでテンプレート調整

CMSをベースにする手法のひとつですが、サーバーサイトでのテンプレート調整で対応します。これはエンジニアがテンプレートを設計する方法です。仕組みとして持っているというよりも、個別でスクラッチで構築される場合もあります。一元管理できるという点では、ある意味で理想のアプローチですが、エンジニアのコストや微調整におけるスピード感、またデザインのフレキシビリティで考えると、問題は少なくありません。

○一元管理できる
×コストがかかりすぎる。
×小回りがきかない。融通性がない。
×実際の対応はスクラッチで構築が多い

このほかにも、プロキシソリューションやアプリ対応などがありますが、北米では、ほぼレスポンシブWEBデザインと、このサーバーサイドテンプレート調整の2つに絞られてきた感じがあります。

古いやり方のほうが業者は儲かるという現実

ともかく、スクラッチは、マルチスクリーン時代においては、領域が変わるため、今後のモバイル対応には向かない手法です。またサーバーサイドのテンプレート調整を含め、より効率的にものごとを解決するよりも、従来のやり方をしたほうが、都合がよく「儲かる」という本音もあります。

(なんとなく暴露系ジャーナリズムのようになってきましたが、、、、)

スクラッチでの構築は、制作費がかかり、その後の運用更新でも作業料がかかります。また、サーバー代やチェックにもが二重にコストがかかるために、理屈として請求がしやすくなるようです。

業者の口説き文句は、「モバイルとPCは違うから、専用サイトでいいですよ。」「スマホはモバイルファーストで作る必要があります」「デザインも自由にできます」と、ものすごい根拠のセールストークをするようです。

また、サーバーサイドのテンプレート調整でも、ある大手ベンダーの技術担当者が言いました。「安く効率的に作るよりも、5000万円ぐらいのCMSを売りつけたほうが儲かるんですよ」「毎月のメンテナンス費用も結構稼げます」「コンテンツ移行させるのだけでも結構手間だから200万円~300万円くらいかかります」

(もうすっかりナニワ金融道の世界です)

大手広告代理店においては「もっと儲かる仕組みならうれしいんですけど、なんとかなりませんか?」と尋ね返して来る始末です。

某・元大手ITベンダーの関係者が、私にアドバイスしてくれました。

「昔からそうなんですよ。ITやインターネットといっても、元は建築関係の見積もり構造なんです。なのでオーソドックスで儲かる仕組みをキープしようとします。大手になればなるほどそういうもんですよ」

企業担当者もわかってはいるが、なかなか整理は難しい

企業WEB担当者の方もいいます。「まあ相手も儲けないといけないだろうから、今は高くならなければ許せる部分があるけど、今後はねえ~。そりゃもちろん、ダメでしょ」

もっとも、企業担当者の大変です。スマートフォンだけではなく、タブレット対応も考える必要があるし、One WEB化対応の必要性、PCではなくモバイル中心のWEBリニューアルなど、まさに激動期で、「なにがベターか」は、混乱は高まるばかりでしょう。

私としては、今後の変化に対応できる、リーズナブルで、フレキシブルなモバイルステップアップ方法をレポートしていきいたいと考えています。よろしくお願いします。

この記事を書いた人
C1-5 占部雅一
株式会社ドーモ 代表取締役
雑誌の編集者を経て1995年にWeb制作会社を設立。女性コミュニティサイトの立ち上げ・運営、メディアサイトのコンテンツや広告開発に従事。近年は「マルチスクリーン対応」を意識した企業サイトのモバイル対応を推進。ユーザーベネフィットを生み出すモバイルWebの在り方を提唱している。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事