one web world one web ワールド

 
スマホone web ワールド

Googleの「スマホ対応」というランク付けの意味とは?

11月18日、Googleのウェブマスター向けブログの中で、スマホサイトの新しい検索結果と今後のランク付けに対する発表がありました。

1つは、モバイル版の検索結果に「スマホ対応」(英語版ではmobile friendly,モバイルフレンドリー)のラベルを表示させること。もう1つは、今後はモバイル版サイトの評価ついてランク付けを行う実験を行っていることを明らかにしたことです。

モバイルフレンドリーチェックサイト

Google|ウェブマスター向け公式ブログ(日本語)

検索ユーザーが、モバイルフレンドリーの ページを見つけやすくするために

このニュースについては、本モバイルラボの下記記事でも解説を行っています。

【SEOニュース】米Googleのモバイル版の検索結果に「スマホ対応ラベル」が追加される!|モバイルラボ

https://mobilelab.domore.co.jp/smartphone/mobile-friendly-label

注目すべきなのは、このラベル表示は、この発表と同時に始まっており、日本語版ではまだ未対応ですが、英語版であれば、「mobile friendly」(モバイルフレンドリー)のラベルに気づくはずです。これは日本語のサイトでも、しっかりランク付けされています。今後数週間のうちに全世界で、この「スマホ対応」=「mobile friendly」(モバイルフレンドリー)のラベルが、検索結果の注釈(スニペット)に貼られることになります。

確認方法として、1番簡単な方法は、言語設定を日本語から英語表示に変える簡単に表示させることができます。

チェックツール:Mobile-Friendly Test

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

企業担当者は、まず自社サイトをチェックしてみてください。

「ラベルなし」は、訪問そのものが避けられる

ラベルがないサイトはユーザーに敬遠されてしまう。つまり、スマホで検索した場合に、検索結果に「スマホ対応」のラベルがないと、ユーザーの多くが未対応サイトにアクセルするのを避けるようになるはずです。なにしろ表示に時間がかかり、読みにくく、操作しにくのですから当たり前です。

実際にスマートフォンでの検索結果表示でPCサイトが表示されてしまうと、多くのユーザーは直帰をしてしまうというデータがあります。こうした苦労を知っているユーザーであればあるほど、PCサイトしか用意されていないと分かると、訪問することさえ避けるようになります。これはEコマースサイトにとっては致命的です。

ちなみに日本のトップEC100では9%(10社)[2014年9月ドーモ調査]、トップEC300では22%(66社)は、スマートフォンサイトを持たないショップです [2014年7月ドーモ調査]。これらのサイトこそ、まさに対応を急ぐ必要が出てきています。

ランク付け実験は、ランクの厳しさを増す!?

スマホ対応画面例またランク付けの実験中であることの発表にも注目です。今の検索結果では、スマホ対応さえしていれば、よほどのコンディションではない限り「スマホ対応」のラベルが表示されるようです。

実際にテストをしてみると、大抵のスマホ向けUIのサイトなら合格します。不合格は10〜20%程度ではないでしょうか。ずいぶん緩やかな判定を行っているともいえますが、これからどんどん締め付けられる可能性もあります。というのも、GoogleのSEOレギュレーションのおいては徐々にその厳しさを増してきた過去があります。そのために、今から準備すべきなのが将来につながる、間違いのない構築方法です。

専用サイトやプロキシーソリューションは推奨していない

いま、モバイルサイトの構築のアプローチには、以下のようないくつかの方法があります。

◆レスポンシブウエブデザイン
◆Javascripts適合(mobifyなど)
◆動的配信(サーバーサイドテンプレート調整)
◆プロキシータイプ(mドット・コンバーター)
◆専用サイト(スクラッチ)

このなかでGoogleが推奨しているのがレスポンシブウェブデザインだったり、モビファイのようなJava Script適合策だったります。これらはランディングページが1つでGoogle botを無駄にしないからです。

反対に、ランディングページが分かれてしまう専用サイトとプロキシーソリューションには注意が必要です。今のところアノテーションの記述やVary http headerの記述で対応していますが、元々が別のランディングページですから、今後ランクが下がる可能性があります。

では、動的配信(サーバーサイトテンプレート調整)はどうでしょうか? この方法は、内部に複数のテンプレートを用意して、ユーザーエージェントを判別して、リダイレクトをさせることで、2つのHTMLを1つに見せるやり方です。今のところ、この方法はGoogleは否定はしていませんが、推奨もしていません。なにより技術スキルとコストが嵩んでしまうのが課題です。

こうしたことは、今後ランク付けによる評価が始まることを考えると、正しい方法で構築をしておく必要があります。下記の表でメリットとデメリットをまとめました。

各モバイルサイト構築方法の比較表

各モバイルサイト構築方法の比較

ともかく、すでに最初の発表から1年半。ようやく具体的なアナウンスがあったわけですが、すでにランク付けは始まっているとも言われています。表示スピードとともに、LP(ランディングページ)を1つにする理想のモバイルサイトの研究が必要です。

このようなモバイルSEO研究には、【e-Book】WebマスターのためのモバイルSEOガイド(完全版)をお役立てください。無料でダウンロード可能です。

この記事を書いた人
C1-5 占部雅一
株式会社ドーモ 代表取締役
雑誌の編集者を経て1995年にWeb制作会社を設立。女性コミュニティサイトの立ち上げ・運営、メディアサイトのコンテンツや広告開発に従事。近年は「マルチスクリーン対応」を意識した企業サイトのモバイル対応を推進。ユーザーベネフィットを生み出すモバイルWebの在り方を提唱している。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事