Research 調査・データ

 
スマホ調査・データ

スマホと、テレビと、ワールドカップ。

サッカーボール

ワールドカップ中のスマホ活用方法って…?

サッカーのブラジル・ワールドカップが閉幕して、早2週間。みなさん、時差ボケはもう解消されたころでしょうか。

ところで、ワールドカップ期間中、みなさんはスマホを活用していましたか? 今回の大会は、日本時間で夜中から朝方にかけてのキックオフだった上、全試合が地上波で生中継されていたため、家やお店でテレビを見る人が多かったかと思います。

ということは、スマホはそんなに活用されていなかったのかも…?

ちなみに私は…睡魔に惨敗することが多かったので…まず目が覚めたらスマホで速報をチェック。その後、Facebookを見て、みんなのコメントや反応を確認。見逃したゴールシーンなどは、ダイジェスト動画で──。(寝落ちで)リアルタイムで楽しみ損ねた人は、スマホ活用しまくりだったんじゃないかな、と思います。

では、テレビでLIVE応援していた人には、どう使われていたんだろう…と、Google先生に聞いてみたら、こんな調査リポートを発見!

スマホを活用したテレビの新しい楽しみ方を検証
FIFAワールドカップ・ブラジル大会(日本戦)における‘テレビ×スマホ’による共感&共有視聴
https://www.intage.co.jp/library/20140715/
(株式会社インテージ)

スマホ接触率が非常に高かったコロンビア戦

テレビ視聴と、スマホのWEB閲覧およびアプリ利用の関係を、データ分析したこのリポート。日本戦3試合の、テレビ視聴とLINE利用率の推移データなどが紹介されています。

私はFacebookを中心に使っていたのですが、LINEと同じく、周囲のSNS利用状況はほぼこのリポート通りかな…という感想です。あくまで体感値ですが。

試合当日のみんなのコメントを振り返ってみると、キックオフ前には「がんばれ!!」といった気合を入れる一言、日本が点を取った時に「きゃー」だの「きたー」だのといった歓喜の声、点を取られると「ぎゃー」という悲鳴、そして試合終了時には「お疲れ様」とか「次だ、次!!」といったエール…。

第3戦のコロンビア戦は、スマホ接触率が非常に高かったとか。決勝トーナメント進出の可能性が残る大一番だったので、みんなドキドキした気持ちを共有したかったのか?
それとも、同グループの裏カードの状況を見ていたのか? いずれにせよ、テレビを見ているだけでは難しい共有や情報収集を、スマホでやっていたんでしょう。

テレビところで、個人的にこのリポートの中で最も気になったのが、第2戦のギリシャ戦の“テレビ中継リアルタイム視聴者の職業属性構成比”。「後半が通勤、通学の時間帯にあたった第2戦では、0-0の試合を応援しつつも後半に入るとテレビ接触率は一気にダウン。特に正社員・公務員の職業属性構成比が減少しており、応援しつつも泣く泣くテレビを離れた様子がうかがえる。」とコメントが付けられていますが…いやいや、減っているとはいえ、正社員・公務員は後半も約39%が見てますから!! 遅刻して会社に行ったの? 有給取ってたの? どうでもいいけど気になるところです…。

「テレビを見ながらスマホ」が当たり前

すみません、「モバイルラボ」の記事なのに、スマホから話がずれてしまいました…。

ここで重要なのは、以前から言われてきたことではありますが、やっぱりテレビとスマホは非常に相性がいい、ということ。特に、大勢が同じ時間帯に感情を共有しあうスポーツにはマッチするでしょうね(あと、同時間帯に大勢が楽しむものといえば、「バルス祭り」とか)。

これまでも、いろんな“テレビ×スマホ”がありました。古くは(って、今でもありますが)「○○を検索!」や「続きはWEBで」といった、CMからWEBにつなげる手法。情報番組では、登場したお店や商品を紹介するWEBサイトは当たり前になっています。ユーザーは、テレビでは放映されない、より詳しい情報を得ることができるようになってきたわけです。

乾杯そしていまでは、「テレビを見ながらスマホ」が当たり前ですよね。それも、プラスアルファの情報を「受信」するだけでなく、共感・共有といった「発信」の場として。自分の意見や感動を「共感・共有」したい人・されたい人が、増えてきているのです。

この「共感・共有」をテーマに、“テレビ×スマホ”の2デバイスを、どうつなげていくか――新しい企画を考える上で、ひとつの重要な切り口にしていきたいですね。

あ、あともう一つ。ギリシャ戦のときは、私も通勤時間だったのですが、電車の中でスマホのワンセグで試合を見ていました。普段、スマホを縦で使う人がほとんどですが、この日は横にしている人が周りにも多かったんですよね…みんな、ワンセグで見ていたんでしょうね。

このワンセグ観戦ですが、電波が切れてイライラすることが多かったんですよ!! そんなイライラする人たちに向けて、スマホで何か面白いことできないかなぁ。2020年の東京オリンピック、いや、2019年のラグビーワールドカップまでに、何かやりましょうよ!!

タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事