Research 調査・データ

 
調査・データwebマーケティング

【ニュースまとめ】交通広告はトレンド情報、モバイルは詳細情報

2d059448e3d073eaced5c7acf4d6c6f1_m

モバイルは詳細情報を得ることが目的に

今週は、ECサイトの行動や、電車内広告に関する情報を集めました。ECサイトにおけるユーザーの行動は、スマホよりPCで購入行動をとる人が倍近くいるということ、そしてスマホではECサイト側がプッシュする情報より検索を主体とした行動をしていることが分かりました。ユーザーはスマホを情報収集に、実際の行動はPCなどでおこなうという傾向が見えてきました。

 

商品の購入はPCから

スマートフォンを中心にしたクロスプラットフォーム時代の幕開け | ニールセン
https://www.netratings.co.jp/news_release/2015/03/Newsrelease20150324.html

視聴行動分析サービスを提供するニールセンが発表した「Digital Trends 2014」によると、スマホによるインターネットの利用者は4,549万人に達し、20代~50代までのスマホ保有率は64%と3人に2人がスマホを保有していることになります。PCとスマホの利用目的別に見ていくと、「商品やサービスを購入するため」と答えた割合は、PCが56%に対してスマホは24%と、実際に商品を購入する場合はまだまだPCを使う人が多いようです。情報収集はスマホで、商品の購入・決済はPCで、というデバイスの使い分けはさらに促進されそうです。

 

特集バナーはあまり効果なし?

スマホのEC利用実態調査 | ゼロスタート
https://zero-start.jp/2015/0318/9595

ゼロスタートのスマートフォンでECを利用したことのある人を対象としたECサイト内での購買行動に関する「スマホのEC利用実態調査」によると、ECサイト内での行動としては「キーワード検索を利用」が77%に対し「キャンペーンなどの特集バナーをクリックする」と答えた人が23.4%と、ECサイト側が提供する情報よりもまずは検索を利用する人が多いことが分かりました。

 

交通広告はトレンド情報、モバイルは詳細情報。

2014年度 交通広告とモバイルの利用実態調査 | ジェイアール東日本企画
https://www.jeki.co.jp/info/detail/?id=514

ジェイアール東日本企画は「2014年度 交通広告とモバイルの利用実態調査」(第1回交通モバイル調査)を発表しました。情報収集の方法として、「見たり読んだりして楽しむ」と答えた人が交通広告とモバイルともにトップ。注目する点は、交通広告の3位は「話題やネタになるものを得る(50.9%)」に対し、モバイル利用の3位は「お店やサービスの内容の情報を得る(39.3%)」、交通広告の4位は「どのようなものが流行しているかを知る(49.5%)」に対し、モバイル利用の4位は「参考になる情報を得る(36.0%)」と交通広告はトレンド情報、モバイルは詳細情報という構図が見えてきました。

 

プラスαこんな記事

味覇の知られざる真実……

タモリも愛用する隠し味「入れるだけで料理が旨くなる」魔法の調味料とは? | Asagei plus
https://www.asagei.com/34301

見出しに「味覇(ウェイーパー)」と書いてしまいましたが、魔法の調味料として有名な「味覇」。でも、実は今使っている味覇は本当の味覇じゃないかも!? そんな裏事情があるなんて。次買うときは「○○」を買います。


今週の王子。ついにはじめの一歩を踏み出しました。まだまだ地球の重力との戦いで悪戦苦闘をしています。でも、これは一人の人間にとっては小さな一歩ですけど、王子に取っては偉大な飛躍です。
ではではまた来週。

タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事