Research 調査・データ

 
調査・データ仕事

【確定申告のトリセツ】〜実践編〜 経費で落とせるものってなに??

昨日に引き続き、今回も確定申告についての特集です。

前回は青色と白色の申告の違いについて、解説をいたしましたが、今回は実際の申請の仕方や、お得な節税情報!?などをお届けできればと思います。

いつ、どこに行けばいい?

期間:2015年2月16日(月)〜3月16日(月)
場所:自宅または事業所の所轄の税務署 【神奈川県の税務署一覧はこちら】

2月2日頃から確定申告書作成会場がOPENしており、こちらで受付はもちろん相談もできるようになっています。

開設時間はだいたい役所と同じくらい(8:30〜17:00など)、相談の時間はもう少し早いようなので、最寄の税務署のページをチェックしてみてください。また確定申告の時期には、税理士さんによる無料相談なども頻繁に行われる模様です。

開設期間内でしたら好きなときに行ってOKですが、最終日が近づくほど込み合うのでお早めに。

準備するもの

まず、必要なものは税務署から貰う提出書類」と「自分で用意する参考書類の大きく2つに分かれます。

ママでも、在宅フリーランス。
楽しくやりがいのある仕事、自分らしい生き方。仕事も家庭も大切にするためのすてきな生き方を始めてみませんか?

【税務署から、確定申告の用紙や、書き方についての用紙を貰う】
申告書の用紙と、書き込む金額を記入して計算するための「所得税の確定申告の手引き」というものが必要になります。どこの税務署でももらえる用紙で、行けない場合は郵送もしてもらえます。
また、国税庁のホームページからは、自分に必要な申告書はどれなのか選びながら教えてくれます。プリントアウトして使えますし、申告書の作成コーナーというのもありとても便利!一度チェックしてみるといいですね。

【自分で、源泉徴収票や支払調書、経費など領収書を用意する】
会社やアルバイト先からもらった源泉徴収票や支払調書、1年分取っておいた経費を計算するためのレシートや領収書を用意します。
万が一経費のレシートをごっそりなくしてしまっていても、相談に乗ってくれるので、泣き寝入りせず税務署に税務署へ行って相談してみてくださいね。

必要なものはこのくらい。意外に少ない?!

こんなものも経費で落とせる!

意外にも経費の基準である『仕事に関わるもの』のくくりは広く、思ったよりも緩めです。前回の概要編でも書いたように

売上(収入) ー 経費や各種控除 = 所得 ←課税対象

なので、経費を積み重ねられればその分課税対象額が減り、節税につながります。税務署は節税の仕方を教えてはくれません。よ〜く調べて無駄をなくしたいですね!

自宅家賃

フリーランスの方の大半は自宅で仕事をしていると思いますが、仕事に使っているのですからもちろん経費にできます。

??では実際どのくらいを計上すればいいの??

実は明確な基準はないようで、原則、仕事スペースとプライベートスペースを明確に分け、その割合に応じて家賃を按分するということになっています。しかし、仕事部屋を分けるほど部屋数がない、また仕事部屋だけでは手狭になってしまい居間で作業している…など、仕事とプライベートのスペースを明確に分けられない人もいると思います。
その場合、だいたい家賃の6割程度であれば、普通は税務署から文句を言われることはないようです。※部屋がたくさんある家に住んでいる、逆に狭いワンルームに住んでいるなど、条件によって見解が違ってきますので、あくまで目安です

例えば茨城に実家があり、仕事の関係で都内に部屋を借りている場合。仕事部屋に寝泊まりすることがあっても、仕事をしていなければ都内の部屋は必要ないわけですから、これは100%経費に計上できます。

また、事務所等が別にあったとしても、自宅でも仕事をすることがあるのなら、自宅家賃を経費に入れる事ができます。この場合は6割というわけにはいかないですが、2〜3割ならば大丈夫のようです。

光熱費、電話代、新聞代、ガソリン代

こちらについても、仕事に使っている部分は按分して経費に計上できます!自宅家賃同様、プライベートと分けづらい場合は6割程度を目安に柔軟に考えてOK。仕事でしか車を使わないという方はもちろんガソリン代を100%計上できます。※ガスや水道は仕事で使う用途が限られてくるため、電気に比べて割合は低めに設定した方がよい

交際費

法人とは違い、個人事業主には税務上の接待交際費の制限がありません。つまりいくら使っても経費に計上することができるのです!交際費に該当するかどうかの基準は、これまでと同じように、『仕事に関係するかどうか』です。直接的な取引先だけでなく、その会合によって仕事上有益な情報を得られる可能性があれは、十分交際費に該当します。 参加しなければならない会合やお葬式の香典なども含める事ができるので、広い範囲で使う事ができます。

備品

パソコンや仕事場に置いてある家具など(ソファ等来客のために使うものも含みます)も経費にできます。※プライベートと共用の場合は按分しなければなりませんが、明確な基準はありません

ただし、10万円以上のものはその年に全額計上する事ができないので、10万円未満におさえるのがミソ!また、テーブル&ソファなどセットで使うものは、合わせて10万円未満でないと全額計上できないので注意が必要です。

ローンや借金の利息

事業に関係するものに対しローンを組んだり借金をした場合、その利息は経費に計上できます。「借金しているけれど、生活費に使ったのか区別がつかない」という場合、仕事場の家賃を払うために借りたのか、食費のために借りたのかはどっちとも言えないので、家賃同様だいたいで按分しましょう。

レシートや領収書が出ないもの

必要経費を計上するには領収書が必要です。しかし、電車やバスの交通費など、領収書がない経費は意外と多いもの。領収書がない場合でも、支払い内容が明確なら経費として計上することができます。その場合、「出金伝票」に内容を記入しておき、帳簿にはその内容を入力します。日付、支払い先、金額、支払い内容を具体的に記入します。出金伝票は文房具店で売っているものがそのまま使えます。領収書やレシートをなくしたり、もらい忘れた支払いのときにも出金伝票が使えます。

 

  • 電車代、バス代などの交通費
  • 結婚祝いや香典などの慶弔費
  • 自動販売機のジュース代
  • 領収書をなくしたとき
  • 接待交際費の割り勘費用 など

taxreturn14_02

出金伝票は何らかの理由で領収書がないときの支払いを証明するためのものですが、基本的に具体的な証拠はありません。あまりにも乱発したり、高額な支払いの場合、税務署に怪しまれることもありますので注意。たとえば、結婚祝いなどの場合は結婚式の招待状などもいっしょに保管しておくと信頼度が上がります。 ※出典:スモビバ!

確定申告で事前に用意しておくべきものまとめ

□電卓、ホチキス、のりといった、書類をとりまとめたり集計したりするための道具
□所得区分や申告内容に応じた申告書、明細書、内訳書
□所得の区分に応じた収入、必要経費、所得を証明するもの
□所得控除を漏れなく適用するための添付書類、確認書類
□パソコン、プリンター(国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用したい場合など)

ママでも、在宅フリーランス。
楽しくやりがいのある仕事、自分らしい生き方。仕事も家庭も大切にするためのすてきな生き方を始めてみませんか?

参考書籍「フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す!元国税調査官のウラ技

この記事を書いた人


近藤れおな(こんどう・れおな)
青山学院大学卒業後、株式会社パソナ入社。人材コンサルタントとして、大手通信会社や外資系ホテルの採用・育成に携わる。 大学時代からパソコンは友達で、サイト制作やブログ作成・youtubeに熱狂する。 元々、ミュージシャンになりたかったが、巡り巡ってアイドルのプロデュースやマネジメントをするようになる。 育成・Web・音楽を軸に多方面で活躍中。尊敬する人物はイチローと松本人志。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事