Research 調査・データ

 
スマホ調査・データ

知らなきゃソンする?最新フリーWi-Fi事情

cap1

最近、会社ではなく、外で仕事をする機会が増えました。今のご時世、「ノートパソコンさえあればどこでも仕事ができる」なんてよく聞きますが、確かにその通りだと実感しています。

ただ、外出先で仕事をする際に困るのは、なんといってもネット環境。Wi-Fiルーターや携帯のテザリングができれば問題ないですが、私自身はいずれも持ち合わせていないもので、フリーのWi-Fiスポットに専ら頼っています。

今回は、自分自身の備忘録のためにも最新のWi-Fi事情について改めて調べてみることにしました。

もはや説明不要。オススメWi-Fiスポット。

デニーズ

デニーズをはじめセブン&アイグループの店舗内ではセブンスポットというWi-Fiサービスが無料で使えます。

IMG_1955
少し残念なのは1日の利用時間に上限があり、1日60分を3回までしか使えないこと。でも、広々とした店内でゆっくり仕事をするのであれば、断然オススメです。

ちなみに、デニーズは朝10時まで限定で、ドリップコーヒー235円の値段で、トーストハーフサイズとゆで卵が無料でついてくるモーニングサービスを実施中。コーヒーはおかわり自由なので、朝食をとりながら仕事をしたいビジネスマンには心強い味方でもあります!

セブンスポット
https://webapp.7spot.jp/

フレッシュネスバーガー

店舗は限られますが、フリーWi-Fiが使えます。レシートにSSIDとパスワードが記載されているので、それを入力するシステム。実際に渋谷の宇川町店で利用してみましたが、利用方法はとても簡単。もっと色々な店舗で展開してほしいですね。

IMG_1938

ちなみに、フレッシュネスバーガーはプラス50円で糖質が少なめの低糖質バンズに変更可能。ともすると運動不足になりがちなWebディレクター。糖質オフのハンバーガーを食べながら仕事ができるのは、ビジネスマンにとって頼もしいお店でもあります!

フレッシュネスバーガー「Wi-Fi検索」
https://shop.freshnessburger.co.jp/fb/Index.act

ファーストフードといえばモスバーガーでも、もうすぐフリーWi-Fiサービスがスタートします。ハンバーガーショップの中ではモスが一番美味しいと思っている私にとって、これは朗報。早く使ってみたいです。

モスバーガー「Free Wi-Fi サービスを開始」
https://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_160425_5.pdf

スターバックス

最後はスタバ。もう説明不要でしょう。もはやノマドワーカーのためにあるカフェと言っても過言ではありません。

ちなみに、スターバックスは「意識高い系」を自称するのに最適なスポット。1杯のコーヒーを飲みながら、MacBook Airを広げてみれば、デキるサラリーマンに早変わり。意識高い系を目指す人にとって、スタバは自分のステータスを上げてくれる最高のスポットなんです!

スターバックス「at_STARBUCKS_Wi2」
https://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html

フリーWi-Fiスポットを検索できるオススメのアプリ

「外出先で急にネットを使う必要が出てきた」というケースもよくあると思います。そんな時、手軽にフリーのWi-Fiスポットを調べられると便利ですよね。そんなアプリをいくつか紹介してみたいと思います。

電源カフェ

Wi-Fi環境や電源の有無、さらには喫煙可否のスポットを検索することができる優れもの。網羅しているスポットの数もかなり豊富です。さらにスゴイのは、カフェの詳細情報も満載。営業時間も記載しているので、せっかくスポットを見つけても閉店時間だった……といったことも防げます。

IMG_1950

電源カフェ
https://dengen-cafe.com/apps.html

nomadoma(ノマドマ)

同じようなアプリでもう1つ。こちらのアプリもWi-Fiや電源、喫煙可否情報も検索できますが、加えて最近増え始めているコワーキングスペースの情報も網羅されています。もちろん、施設の使用料などの情報も記載しているので、幅広い選択肢を考えている人にはオススメです。

IMG_1951

nomadoma(ノマドマ)
https://nomadoma.com/

Japan Connected-free Wi-Fi

最後に紹介するのはこちら。既に利用している人も多いかもしれませんね。もともとは、訪日外国人向けのアプリで、登録するだけで簡単にフリーWi-Fiスポットを探すことができます。このアプリの優れているところは、都営地下鉄や東京メトロなど駅をはじめ、空港やバスなどもアクセスポイントに含まれている点。その数実に10万スポット以上! 移動中でも仕事をしなければならない人にとっては大変便利なアプリです。

Japan Connected-free Wi-Fi
https://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html

進化するフリーWi-Fiカフェの数々

このように、色々なWi-Fiスポットが点在しているいま、Wi-Fiを提供しているカフェも進化しつつあります。その1つが、楽天が展開している「楽天カフェ」。なかなか利用する機会がなかったのですが、つい先日、渋谷店を利用してみました。

IMG_1952
中はオシャレな空間で、仕事をするスペースとしては問題なし。混雑はしているものの、席数も多いので問題なく着席できました。店内はWi-Fiが解放されているので、スマホもパソコンも利用し放題。楽天が提供しているkoboで雑誌も読めたりできます。

さらに、カフェメニューも充実していて、パスタやピザ、スイーツも種類が豊富。1日中ここで過ごすこともできるのではないかとさえ思いました。個人的には毎日でも利用したいです。

楽天カフェ
https://cafe.rakuten.co.jp/

まとめ

ひと昔前に比べると、フリーのWi-Fiスポットはかなり増えました。それにともない、最近ではWi-Fiスポットを検索できるツールも充実してきましたし、おしゃれなカフェも登場してきています。

加えてマルチデバイス化が進む中、私たち自身も会社ではなく外で仕事をする機会が多くなり、今後ますますフリーのWi-Fiスポットは進化していくことが予想されます。

デバイスの進化に注目するだけでなく、それを取り巻く環境にも注目してみると新しい発見があるかもしれませんね。

この記事を書いた人


モバイルラボ 編集部
ヨコハマ・モバイルラボとは? モバイルならではの表現ってなんだろう? 一瞬のひらめきや感動は手のひらから始まっています。 新しいクリエイティブのカタチをここから探してみましょう。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事