Smartphone スマホ

 
スマホwebマーケティング

見ているだけでも楽しい「スマホ解析ツール」を試してみた

1579396_11

スマホサイトの解析方法

スマホの利用者が伸びている今、スマホ関連の計測もかなり重要な位置づけとなってきました。スマホ・タブレット・パソコンの使われ方はアクセスの時間帯、曜日などで大きく異なります。デバイス別に解析をすることがとっても大切。

スマホではJavaScriptがきちんと動くので、サイトにタグを入れるだけの解析ツール(Googleアナリティクスなど)を実装することが可能です。

スマホサイトの解析を行う上で、気をつけなければいけないことは基本的にひとつだけ。

タグを入れるだけの解析ツールは、URLでページを識別するため、スワイプでページを次々とめくる仕様になっているサイトではURLが固定になっていて、ページごとに数字を見たり、ユーザーがどのようにサイト内を閲覧しているかなどを計測することができません。

Googleアナリティクスの場合は、<A>タグを以下のようするだけで回避できます。

Universalアナリティクスでは、記載方法が異なりますのでこちらもご注意を。

URLの問題以外は、基本的にPCサイトの計測・分析方法と同じですので、地道に解析していきましょう。

感覚的に数字が分かる! 楽しいスマホ解析ツール

さて、本題に戻りますが、スマホの解析はGoogleアナリティクスだけではありません! 最近試してみた、使いやすく見ているだけで楽しい「スマホ解析ツール」を紹介したいと思います。

スマホからPCまで解析できるヒートマップ解析ツール|Pt engine
https://www.ptengine.jp/

20140728_1スマホだけではなく、あらゆるデバイスの計測が可能。
スマホ・PC・タブレットのアクセス数やユーザー数が、一目でパッと分かるのが嬉しい! リアルタイム計測は、いつまでも眺めていられます。

2013年のGOOD DESIGN AWARDを受賞されているらしく、さすがの使いやすいUI。見習うところがたくさんあります。

登録方法は簡単。

■メールアドレスを入力して送信
■送られてきた仮登録のメールに記載されているURLをクリック
■プロファイルを作成
■解析コードを貼り付け
■完了!

簡単。なんて簡単。

ヒートマップまで見られるところが素敵ですね。
無料版は、1サイトのみ登録可能です。

スマートフォン解析ツール|User Local
https://smartphone.userlocal.jp/

20140728_2サイトにアクセスしてきた企業の情報を収集するツール「なかのひと」のバージョンアップ版だとか。こちらも嬉しい登録無料!

 
 

なんとガラケーも解析できてしまう優れもの!!

 
 

■Androidのキャリア比率
■iPnoneの機種比率
■デバイス別UU比率
■ケータイ(ガラケー)のキャリア比率

上記項目のデバイスごとのアクセス状況が一目で分かります。

登録方法はfacebook IDでログインするだけ!
もちろん、メールアドレスでの登録や、twitterからでも。

現在「モバイルラボ」には3つの解析タグが入っていますが、どれも問題なく動作しています。表示スピードが著しく下がっているようだったらちょっと見直してみようかな。

まとめ

今回紹介した2つのツール。いずれもヒートマップ以外ではGoogleアナリティクスでも計測することができます。しかし、シンプルな操作性・感覚的にサマリーを把握しやすいという点では、web解析初心者や、社内での共有時にオススメなツールだと思います。

Googleアナリティクスのメニューは多すぎて、何から見たらいいのか分からない!
という方は、ぜひお試しあれ。

この記事を書いた人


モバイルラボ 編集部
ヨコハマ・モバイルラボとは? モバイルならではの表現ってなんだろう? 一瞬のひらめきや感動は手のひらから始まっています。 新しいクリエイティブのカタチをここから探してみましょう。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事