Smartphone スマホ

 
スマホwebマーケティング

【連載】モバイルEC勝利へのストラテジー(5)

fast-mobile-editor

<大好評>ebookシリーズより「モバイルEコマース勝利のためのストラテジー」連載中!(第5回/全6回)

ストラテジー連載_1このebookは、モバイルサイトの品質を高める方法、およびROI(投資利益率)を増大させるために、4つのテーマでまとめました。ビジネス必勝へのヒントを知ることで、モバイルによるコンバージョン、売上げ、顧客満足度アップが見込めます!

モバイルEコマースにタブレット対応が欠かせない理由

solutions-retain-customers
「タブレット市場が成熟するにつれて、PCサイトの利点は少なくなってきています。タブレットユーザーを集めるためには、企業はスマホやPCのエクスペリエンスだけではなく、タブレット専用のエクスペリエンスを用意するべきです。」
– Adobe 2013 Mobile Consumer Survey Results

タブレットのコンバージョン率はスマホと異なり、PCよりも15%低いだけです。また、タブレット向けの最適化を施すことで、コンバージョン率はPCサイトを上回ると予測されます。

調査によると、タブレットユーザーは高所得世帯であることが多く、PCサイトからの訪問者と比較しても20%ほど大きな予算を持っています。そのため、タブレットユーザーのトラフィックバリューは高いとされています。

こうした価値あるタブレットユーザーを獲得するためにも、その行動パターンに併せたタブレット専用のUIを持たせることが重要です。大きなタッチスクリーンを備えたデバイス用に、使いやすいショッピングサイトを提供し、さらに商品の発見から購入までの導線は、簡単かつ楽しめるものでなければなりません。

タブレットにおけるユーザーの行動

ストラテジー0725
左: 52%のタブレットユーザーは、自らのPCよりもタブレットでの購入を好む
右: 72%のタブレット保有者は、毎週のようにタブレットから購入を行う

ユーザーはくつろぎながら、歩きながら、話しながら、あるいはTVを見ながら、タブレットをスワイプしたり、タップしたり、傾けたり、本のように持ったりします。このようなタブレットでのアクションは、PCとは大きな違いがあります。

すでにタブレットエクスペリエンスの最適化を実行したサイトは、売上指標や金額面でも利益を得ています。一方で、いまだに最適化を行っていないサイトは、本格的なタブレットEコマースの時代においても、PCサイトやスマホサイトで対応させるため、ユーザーを満足させるにはほど遠いことになります。

方法:タブレット最適化のROIを分析する

solutions-launch-fast
2013年アメリカのサイバーマンデーでは、タブレット/スマホの平均コンバージョン率はそれぞれ5.4%/1.8%と、タブレットがスマホの2倍以上という結果になりました。ユーザーはスマホで閲覧し、タブレットで購入を済ませるという仮説をサポートするデータが、ますます多く出てきています。

もしタブレットユーザー向けにPCサイトをそのまま提供しているのであれば、タブレット向けに最適化することで、どれほどの機会が生まれるか考えてみてください。また、タブレットサイトのコンバージョンがPCサイトより少し低い理由で最適化していないのであれば、タブレットサイトにより大きな利益が得られる可能性があります。

それは、タブレットがPCを超える
コンバージョンプラットフォームになる第一歩だからです。

<無料>「モバイルEコマース勝利のためのストラテジー」をいますぐ全て読む!

★連載・第1回はこちら★

★連載・第2回はこちら★

★連載・第3回はこちら★

★連載・第4回はこちら★

★連載・第6回はこちら★

<文/カナダ・Mobify社、翻訳・編集/ドーモ>

タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事