Smartphone スマホ

 
スマホ調査・データ

iOS9で広告どころかGoogleアナリティクスもブロックされる件

crystalimage:crystalapp

 
iPhone 6s発売のすこーし前からささやかれていた「iOS 9では、広告ブロック機能が搭載される」というコワイ噂、ご存じですか?

個人的にはただの噂でしょと思っていたし、万が一それが本当でも、うちの会社ではあまりダメージを受けないな~と、タカをくくっていました。

ところが……ところがです。とある飲み屋で他企業で働く方から「うちのエンジニアが検証してみたらOptimizelyだめだったよ」という驚愕の事実をつきつけられました。まじか。

そうなると、Googleアナリティクスも、リマーケタグも、というかうちのサービスも動かないんじゃないかガクガクブルブルとなったのが先週のお話。

ということで、この1週間必死で情報収集&検証を行いました。

そもそもiOS 9の広告ブロックって初期搭載なの!?

安心してください。違います。
広告(コンテンツ)ブロックアプリをダウンロードし、safariで設定を行う必要があります。アプリも今のところ有料のため、あまり影響がないとも言われています。
 

iOS 9広告ブロックの設定をすると何が動かないのか?

個人的に検証し「あ、ほんとにブロックされるんだ…。」となったのはGoogleアナリティクス。その他、参考にさせていただいた記事では、LPOツールやリスティング、リタゲ広告もブロックされるとのこと。
 

【検証1】iOS9の広告ブロック機能は、運用系広告の脅威となるのか?【150921更新】

https://tetesuke.hatenadiary.jp/entry/ads_block_ios9_ga


てぶててのWEB録

【検証2】iOS 9の広告ブロックがGAを無効化!の件を、広告屋として調べてみた(+Optmizely)【150923更新】

https://tetesuke.hatenadiary.jp/entry/ads_block_ios9


てぶててのWEB録

【検証3】iOS 9の広告ブロックが、タグマネージャーに与える影響は?

https://tetesuke.hatenadiary.jp/entry/ads_block_ios9_ytm_gtm


てぶててのWEB録

広告ブロックが初期搭載されていないことが唯一の助けで、アプリのインストールが今後増えると何かしらの対応をしなければならないという状況ではないでしょうか。
 

広告ブロックアプリってどんなものがあるの?

最近話題なのは「crystal」というアプリ。120円也。FirefoxとChromeのアドオンとしてPCブラウザやMacで有名な「Adblock Plus」もスマホ版があるようです。他にも無料アプリなど、色々あります。

設定の仕方は以下の記事を参考に。

iOS 9で広告ブロック!メディア運営者なら知っておきたい現状と対策

https://liginc.co.jp/184989


LIG inc

iOS 9にしなくてもコンテンツブロックができるアプリ知ってる?

https://www.appbank.net/2015/09/22/iphone-application/1099737.php


APPBANK

iOS9のiPhoneやiPadで広告非表示に出来る無料アプリ一覧と効果検証

https://zbuffer.hateblo.jp/entry/ios9-safari-adblock-freeapp


Zバッファ

メディア側で広告ブロックの対処方法はないの?

このように広告どころか、Googleアナリティクスに影響があったり、簡易タイプのA/Bテストまでできなくなるなんて、けっこう大変そうだよねと、もはや他人事のような境地ですが、もちろん世界中が揺れています。

海外では広告業界で訴訟問題になったり、あるニュース広告大手会社は広告ブロックしているユーザーにはコンテンツを全く見えないようにする対策をしたり。Googleさんは、この機能を回避するコードを発表したそうです。

ファイッ! グーグルがiOS 9アプリの広告ブロックを無効にするコードを公開

https://9to5mac.com/2015/08/28/google-bypass-ats-ios-9/


GIZMODO

ただ今のところ、すぐにできるような対処方法はないというのが現状です。

 

実際今回のiOS広告ブロックってメディアに影響はあるのか?

広告ブロックを使っている人は2億人!

今回のiOS 9での広告ブロック対応(厳密にいうと、広告ブロックアプリに対応しただけ)発表に伴い、色々な情報が飛び交い、話題となっていますが、広告ブロックアプリやブラウザのアドオンはけっこう前から存在しています。

adoveimage

アイルランドの調査会社ページフェアとアドビが共同調査した調査によると、広告ブロックを利用している人は現在2億人。

The cost of ad blocking(PDF)

https://downloads.pagefair.com/reports/2015_report-the_cost_of_ad_blocking.pdf


PageFair | Adobe

それにより失われている広告収入は約220億ドルにもなるそうです。日本では2%と低い割合ですが、今回話題となったことで、今後増える可能性もありそう。

広告ブロックはユーザーにとってメリットだらけ!?

広告業界や企業側は今後アプリのインストールが増えると困る…と考えているに違いないですが、1ユーザーとして使用してみると、メリットしかないように感じます。

特にスマホサイトの広告はない方がいいと常々思っています。スクロールしても付いていてくるあいつや、ポップアップでクローズボタンないんだけどどうやって閉じるの?っていうあいつがいなくなるとストレスも減少。押し間違えてアプリダウンロード画面に飛んだりすることだってなくなります。

制作サイドとしてみても、広告タグは結構曲者。コードが古くて現在の技術と合わずに苦労したり、容量が重くなったりといいことはありません。そろそろ広告も次のステージにいく頃合いなのかも…。

とはいえ、やっぱりGoogleアナリティクスやA/Bテストツールが使えなくなるのは困る! 今のところあまり広告ブロックアプリが普及しませんように、と願うことしかできないですが、各ツール・サービスを提供しているベンダーさんは早めに検証しておいた方がいいかもしれません。

この記事を書いた人


モバイルラボ 編集部
ヨコハマ・モバイルラボとは? モバイルならではの表現ってなんだろう? 一瞬のひらめきや感動は手のひらから始まっています。 新しいクリエイティブのカタチをここから探してみましょう。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事