Smartphone スマホ

 
その他スマホ

新型iPhoneの実力は?iPhone SEを早速使ってみた!

main4

先月3月31日に発売された新型iPhoneの「iPhone SE」。すでに手に入れた方も多いのではないでしょうか。私も約4年間連れ添ってきたiPhone 4sに別れを告げ、機種変更受付開始時間と同時に予約してしまいました。発売前から期待感の高かった新型iPhone。その使い勝手を早速試してみました。

iPhone SEとは?

使い勝手を紹介する前に、簡単にiPhone SEの特徴をおさらいしておきましょう。iPhone SEの機能そのものは、既に発売されているiPhone 6s/iPhone 6s Plusと同じもの。CPU・GPUのパフォーマンスもiPhone 6sと同等といわれています。そして、注目すべきがそのサイズ。高さ123.8mm、幅58.6mm、厚さ7.6 mmはiPhone 5sと同じで、重は1gだけ増えています。

IMG_1717
左側がiPhone 5。右側がiPhone SE。ご覧のようにまったく同じサイズです。というわけで、ひとことで特徴をまとめると、「見た目はiPhone 5sながら、中身はiPhone 6s」にパワーアップしたスマホ、と言えるでしょう。

iPhone SE
https://www.apple.com/jp/iphone-se/

実際に使ってみての感想

操作性について

前述のように、私はiPhone 4sを長らく使っていたので、最初にiPhone SEを手にした時の感想は、とにかく「軽い!」「薄い!」ということでした。もちろん、検証機としてiPhone 5やiPhone 6は使用したことがありますが、実際に色々な機能をスマホとして使うのは初めて。なにより片手で操作できるのはうれしいですね。

軽さや薄さにも驚きましたが、速さにも驚きました。というのも、iPhone 4sでは、iOSを8にアップグレードした途端、一気に重くなりその操作性に苦しんだからです。というわけで、まだまだiPhone 4シリーズで頑張っている方で、サクサク動かしたい!というのであれば、iPhone SEはとにかくオススメです。

カメラについて

iPhone SEとiPhone6sは、両モデルとも1,200万画素のカメラが使用されています。iPhone 4sが800万画素ですから、カメラの性能はあがったというわけです。では、実際にiPhone 4sとiPhone SEで同じ被写体をカメラで撮影してみました。

hikaku

左が4s、右がSEです。
一見同じようにクリアに見えますが、、、よく見ると4sがややぼやけているのに対し、SEのほうがはっきりとモノを捉えています。ロゴなどを見比べると一目瞭然です。

バッテリー持続時間について

今までの4sと比べ物にならないくらい持続します。電車の移動時間くらいでしかスマホを閲覧しない私は、1日で10%程度しか減らない場合もあります。一説には小型化されたiPhone 5はiPhone 6よりもバッテリー持ちが持続すると言われており、実用性の観点からもかなりの高性能といえるかも知れません。

iPhone SE Review: Smaller Gets Smarter With Better Battery Life to Boot – WSJ
https://www.wsj.com/articles/iphone-se-review-smaller-gets-smarter-with-better-battery-life-to-boot-1458762252

その他気づいたところ

ディスプレイサイズについて

iPhone SEは4インチのRetinaディスプレイ。iPhone 6sが4.7インチですから一回り小さくなったわけですが、サイズ的にはこれくらいがベストだと感じました。普通にスマホを利用する人にとっては、動画やゲームも4インチで十分でしょう。個人的には、4sの3.5インチではやや小さかったのでとても満足しています。

パスコードを間違えると……

私が唯一、操作性が悪いと感じたのが、パスコードを間違えたときのアクション。iPhone 4sでは4ケタのパスコードを設定していましたが、iPhone SEではデフォルトが6ケタ。ついつい、昔のパスコードを入力してしまうのですが、間違えたので訂正しようとすると、なかなか削除できないのです。これがイヤで結局設定変更して、パスコードを4ケタに変えました。

価格について

公式サイトによるとiPhone SEの64GBモデルは64,800円。iPhone 6sの64GBモデルが98,800円なので、3万円以上安くなっています。64GBという容量に不安を覚える人もいるかもしれませが、私のようにアプリも写真も音楽もたいして利用しないという人であれば、問題ないと思います。スペックや機能性が向上してこの値段なら、大いに「買い」だと思います。

iPhone SE
https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-se

iPhone SE発売から見るこれからのモバイル時代

iPhone SEが発売された直後ですが、今年度中にiPhone 7が発売されると噂されます。ベースはiPhone 6のようですが、さらに薄型になるのだか。これらの背景を考えると、これからデバイスはますます「小型化」「軽量化」になっていく一方でしょう。それはつまり、時代がスマホの便利性を追求し、生活の中心がパソコンからスマホに遷移していくとも言い換えることができます。
実際私はSEに買い換えてから、自宅でパソコンを操作する時間が一気に減りました。ほとんどがスマホで対応できてしまうからです。

まだまだ進化していくスマホの機能とともに、これからのモバイル時代を推測していくのも面白いかもしれませんね。

この記事を書いた人


モバイルラボ 編集部
ヨコハマ・モバイルラボとは? モバイルならではの表現ってなんだろう? 一瞬のひらめきや感動は手のひらから始まっています。 新しいクリエイティブのカタチをここから探してみましょう。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事