Smartphone スマホ

 
スマホデザイン・UI

シニア層にも広がるマルチデバイス化の波

cap1

先月発表されたソニー生命保険の調査によると、現在、シニア層(50歳から79歳まで)の34.9%がスマートフォンを利用していることが明らかになりました。昨年のちょうどこの時期、モバイルラボでも、シニア層のスマホ利用率が増えているという記事を掲載しましたが、当時と比べて約7%も増えていることになります。

シニアの3割以上がスマホを利用、フェイスブック利用は25% ―ソニー生命

https://www.sonylife.co.jp/company/news/27/nr_150915.html

スマホだけでなく、タブレットやSNSの利用率にも注目。

増えているのはスマホだけではありません。同調査によると、シニア層によるタブレットの利用率は19.5%もあり、世帯普及率が28.3%ということを考えると、数字の上ではシニア層によるタブレット利用は増えていると言えそうです。マルチデバイス化の波はシニア層にも広がりつつあるようです。

51052_01
出典:トラベルボイス

 

また、スマホの利用率増加にあわせて、シニア層によるSNSの利用率も増えているようです。facebookの利用者は25.2%で、LINEの利用率は23.1%。LINEに関しては、2014年よりも6.9%増加しています。数字だけで言えば、シニア層の約4人に1人は、何らかのSNSを利用していることになります。

51052_02
出典:トラベルボイス

 

キーワードは「シニアフレンドリー」。シニア層をターゲットにしたコンテンツのポイント。

シニア層によるスマホの利用が増えているということは、当然、シニア層が見やすい・使いやすいスマホサイトを設計する必要があります。そこで、新たに生み出された概念が「シニアフレンドリー」という考え方。文字通り、シニア層にとってフレンドリーなサイト、という意味ですが、果たして今公開されているWEBサイトの中で、「シニアフレンドリー」と言えるサイトはどれくらいあるのでしょうか?
スマホ操作に慣れている若い世代にとっては違和感なく閲覧できるサイトでも、文字が小さくて読みにくかったり、機能の説明が不足していて分かりにくかったり…といった問題点は結構あると思います。
また、スマホを使うシニア層が増えたことで、オンラインショップを利用するシニア層も増えてきています。特にECサイトでは、シニア層が離脱せず、スムーズに購買できるような親切なサイト作りが求められることになるでしょう。

「シニアフレンドリー最適化=SFO」の背景と重要性を認識しよう

https://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/10/02/20679

シニア向けサイトを作る際に気を付けること。

では、具体的にデザイン設計する際にはどのようなところに気を付けるべきでしょうか?

フォントサイズは大きくする

当たり前ではありますが、文字サイズは大き目にしたほうが良いでしょう。ただでさえスマホサイトは情報が集約しすぎて、文字がぎっしりしてしまうことがあります。また、PCやタブレットであれば、テキストのサイズを「大・中・小」と拡縮できる機能を加えておくとさらにフレンドリーになると思います。

ボタンは立体的にする

最近流行のフラットデザインも、シニア層にとってはかえってわかりにくくなっているかもしれません。例えば、ボタンのデザインなどが立体的になっておらず、「押せる感」が表現されいないと、「クリックできない」「タップできない」と直感的に思ってしまいます。ボタンは大き目に、かつ立体的に作成するのが良いでしょう。

アイコンには説明文も加える

特にスマホでは、スペースが限られているため、機能の説明などにアイコンを設置することが多いですが、シニア層にとっては、そもそもそのアイコンが何を意味しているのかを理解できておらず、さらにそれが「クリック(タップ)できる」という感覚もあまりありません。よって、アイコンだけでなく、このアイコンが何を意味するのか説明文も載せるようにしたほうが良いでしょう。

カタカナ用語には注釈を加える

英語表記やカタカナ語、WEBならではの専門用語もシニア層にとっては不親切かもしれません。出来るだけ、日本語表記を併記した方がよいでしょう。ちなみに私の母親は「アカウント」という意味が理解できず、そのサイトの会員にも関わらず、会員ページにログインすることができませんでした。ここでは親切に、「●●●サイト会員の方はこちら」などよりわかりやすく説明する必要があると言えるでしょう。

3384万人市場!シニア向けECサイト 制作運営の4つの注意点+事例3つ

https://www.nusacm.org/senior-ec

50代以降をターゲットにしたWebサイトのUI事例

https://hi-posi.co.jp/tech/?p=330

「説明を省略しない」 シニア向けのサイト制作のユーザービリティで気をつけたい7つのポイント

https://www.selva-i.co.jp/blog/archives/1997

まとめ

今後、スマホやタブレットの利用率は幅広い世代に広がっていくことが予想されます。今回は、シニア層向けのデザインについて考察してみましたが、これからはシニア層を含めあらゆる世代に受け入れられるサイト設計を考える必要がでてきそうです。WEBサイトのユニバーサルデザインを考える日が近づいているのかもしれませんね。

タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事