Smartphone スマホ

 
スマホ調査・データ

【調べてみた!】この秋注目の2大新製品発表会

キャプチャ
最近めっきり涼しくなり、もうすぐ秋なのかなぁ…と感じているところですが、9月といえば、デバイス各社の新作発表会が行われる季節。
多方面でいろいろなリーク情報が出回っていますが、どれにしようか悩んでいる方も多いはず! 私も、このタイミングで機種変更しようと思って色々調べてみたので、皆さんも購入の参考にしていただければと思います。

iPhoneユーザーは9月9日に注目!

rose-gold-iphone-630x403
毎年9月にAppleが行う新商品発表会が、今年は9月9日に開催されます。
AppleのiPhoneの場合は発表会から2〜3週間以内に発売される傾向にあるので、そろそろ端末サポートも切れてどの機種にしようか悩んでいる方は、この日の情報に注目です。今現在出回っているウワサをまとめてみました。

▼カラーバリエーション
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド

▼CPU/メモリ
・A9プロセッサ(クアッドコア)
・2Gメモリ

▼価格
・iPhone6s/6s Plus 16GB :86,800円 /98,800円
・iPhone6s/6s Plus 64GB :98,800円 /110,800円
・iPhone6s/6s Plus 128GB:110,800円/120,800円

▼ディスプレイサイズ
・iPhone6s 4.7インチ
・iPhone6s Plus 5.5インチ

皆さんが気になるであろう情報(という噂ですが)はこのようになっています。
カラーバリエーションは、一時期「ローズゴールド」が出るとウワサになっていましたが、リーク画像は偽物だったようで、現行の3色になるのではないかという意見が多いようです。サンプル画像見る限りだといい感じだったので残念ですね。
価格については、オランダのニュースサイトTechTasticの情報によると、86,800円〜120,800円の間での発売になりそうとのことでした。小さいAIR macと考えたら販売価格はそんなものかなと思います。

iPhone6sはそれだけでは終わりません!

TechTastic
参考リンク:「iPhone6s」

新しい操作性を実現する『Force Touch』

「フォースと共にあらんことを…」で有名な、某はるか彼方銀河系でのお話に出てくるフォースではありませんが、iPhone6sから『Force Touch』という機能が実装される予定です。
『Force Touch』はApple Watchで搭載されている、ボタン(ディスプレイ)を押す強弱で様々なアプリケーションの動作を行えるという機能です。Apple Watchでは、ボタンを長押しするとオプションメニューが出るようになっていますが、iPhone6sでは、マップアプリで目的地点を長押しすることで、現在地からその場所までのルートを出してくれたり、お気に入りの楽曲のプレイリスト部分を長押しで端末にダウンロードできるようになります。
その他にも開発中の機能として、電話に出れなかった時にボタンを長押しすると留守番電話にアクセスしてメッセージを聞いたりかけ直すことができる動作を開発しているという情報もありました。
スマホは2次元の操作感でしたが、これらが実装されると3次元のUIや動作を考える必要が出てきそうですね。

iPhoneでも快適なセルフィーが撮れる!

iPhone6sでは、背面カメラが1200万画素までパワーアップされ、最近当たり前になってきているセルフィーに対応するため、500万画素のフロントカメラを搭載するというリーク情報が出ていました。
フロントにフラッシュライトのようなものはつかないようなので、画面を一瞬真っ白に明るくして代用しつつ、アプリケーションで画像処理を自動で行い、フラッシュありの写真と同じような仕上がりにするようです。
フロントカメラが500万画素もあれば、インスタグラムやSNSにアップする画像としては結構綺麗なものを共有できることになります。これは本当に実装されるとうれいいですね!

iPhone6sの対抗馬として大注目のXperiaZ5

かくいう私もXperiaZ(初代)のユーザーですが、使い始めてから2年半以上経っているものの、未だに不自由なことがない素晴らしいバランスの端末だと思います。このXperiaZシリーズの最新端末が発売されます。
Xperiaは8月にも新端末を発表したばかりではありますが、フラッグシップモデルということで9月にも発売されるのではないかともっぱらの噂になっているのです。つい先日もXperiaBlogが、ソニーモバイルが誤爆で公開してしまったXperiaZ5の製品画像がニュースになったりと、発売間近なことは間違いありません。
オランダのITテックサイトのリーク情報によると、4.6インチの「Xperia Z5 Compact」、5.2インチの「Xperia Z5」、5.5インチの「Xperia Z5 Premium」の3モデルが用意されるとのことで、こんなリーク画像も上がっていました。
Sony-Xperia-Z5-family_4-640x360

ちなみに、スペックは下記のような感じだそうです。

Sony-Xperia-Z5-E6653-GFXBench-640x811

Xperia Blog
参考リンク:「Xperia Z5 and Z5 Compact hit benchmark; confirms specs」

かいつまんで、必要な情報をピックアップすると下記のようになります。

注目は、背面カメラ部分の7MPの静止画カメラとUHD(4K)部分です。静止画は7MPとiPhone6sの倍以上の解像度になっているあたりはSONYの本気を感じますが、それ以上に注目する部分は、UHD(4K)です。つまりスマホで4K動画を取れるということになります!4K対応テレビなどもすでに購入されている方がいるかと思いますが、スマホでこの4Kテレビに対応した動画が撮影できるというのはかなり驚きです。
待ち遠しいXperiaZ5の発表会ですが、こちらはなんと9月2日(日本時間9月2日23:45〜)となっています。
この記事が公開されるころには正しい情報が公開されているので、チェックしてみてください!

この秋は続々登場する最新デバイスに注目!

今回は2つのデバイスの新商品発表会が近いこともありご紹介いたしましたが、これから秋に向けて続々と新しいデバイスがリリースされてくるかと思います。私もこの秋出る端末を吟味している真っ最中です!狙いはXperiaZ5です!
PC業界もWindows10がリリースされて、Windows10搭載のスマホが出てきたりしているので、自分にあった新しいスマートフォンをゲットしてみるのはいかがでしょうか。

参考リンク:
gigazine:「Xperia Z5の5.5インチ4Kディスプレイモデルを含む3機種の高解像度画像が流出」
GIZMODE:「iPhone 6sの噂、ギズによる総力まとめ」

この記事を書いた人


モバイルラボ 編集部
ヨコハマ・モバイルラボとは? モバイルならではの表現ってなんだろう? 一瞬のひらめきや感動は手のひらから始まっています。 新しいクリエイティブのカタチをここから探してみましょう。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事