Web marketing webマーケティング

 
webマーケティング

【インストリーム広告】クリックしたくなる最初の5秒をつくるコツとは?

click

YouTubeで本編の動画の前に流れるCMを観たことはあるでしょうか。目的の動画が再生される前に、別の動画が流れ始めるので、初めて観た時に戸惑った人も少なくないのでは? かくいう私も、自分が間違った動画を再生してしまったのか、とあたふたした経験があります。

これは、YouTubeの動画広告『TrueView インストリーム広告』と呼ばれているものです。

5秒経てばクリックしてスキップできてしまう広告がほとんどですが、最大30秒スキップできない広告も。とはいえ、せっかく時間と手間をかけて制作したCMなら、ひとりでも多くの人にスキップしないで観てもらいたいですよね!?

目にした人が思わず手を止めて、興味深く最後まで観てもらえるようなCMは一体どうやったらつくれるのか? そのコツを考えてみました。

そもそも「インストリーム広告」とは

labo_cont1インターネット上で配信されている動画の前後もしくは途中に挿入され、一定時間表示される動画のことを「インストリーム広告」と呼びます。ストリーム(stream)とは、小川、流れ、連続などの意味を持ちます。IT分野ではインターネット上の動画データをダウンロードしながら再生することを表していて、インストリーム(in-stream)を直訳すると「動画などにインする広告」でしょうか…。

また、人気の動画サイトは数あれど、その中でも群を抜いて広告が盛んなのはGoogleが運営するYouTube。インストリーム広告導入の先駆けと言えるのではないでしょうか。また、世界的に知名度のある動画サイトと言えば、「Dailymotion」や「myspace」などがあり、国内でよく使用されている動画サイトでは「GyaO!」や「SayMove!」、「ニコニコ動画」などがあります。

これらの動画サイトでは、インストリーム広告はまだ少ししか導入されていないようですが、YouTubeの影響を受け、今後は、より人の目を引く動画広告の配信が主流になっていくのかもしれません。

「インストリーム広告」の利点、欠点

『TrueView インストリーム広告』を例に挙げて、話を進めていきます。

「インストリーム広告」は、動画を投稿した人が広告を表示するかどうかを選べます。30秒以上視聴された回数に応じて、YouTubeから料金が支払われるというシステムです。サイトの規模からして、実際に広告を観た人の反応を期待できることが最大の利点だと言えます。

しかし、このような設定になったのはここ最近で、2013年以前はGoogleの審査が必要でした。人気のある投稿者や定期的にオリジナル動画を投稿する人のみ、再生回数が期待できるので許可されていたのでしょうね。

さて、その広告の最大の欠点といえば、もうお察しですね。そう、ユーザーの「イライラ」です。広告を出したのに、「その広告主を支持しない」などと言われるほど嫌われてしまうことがあります。ポップアップ広告然り、ユーザーに過度に干渉する広告は得てして「おせっかい」と受けとられかねないリスクも潜んでいます。

人の心をつかむ、クリックしたくなる5秒をつくるには?

「インストリーム広告」は、最初の5秒が流れたら、視聴者はスキップするかどうかを選択できます。当然そこで興味をもってもらえるかどうかが肝心ですが、見落とされがちなバナーと違い、必ず目にしてもらえるのですから、なんとしてもインパクトのあるクリエイティブでユーザーを引き留めたいところですね。

実は、YouTubeの「インストリーム広告」では、サイトに登録されているユーザー情報に基づき、プロモーションの狙いに合わせてターゲットの年齢や趣味嗜好を指定して配信することができるのです。目的に合わせて、広告を配信する時間帯やターゲットを細かく設定し、最適なKPIを設計することが【クリックしたくなる5秒】へのカギになってきます。

もっと詳しい内容は、専門家の意見の方が参考になると思いますので、下記サイトをオススメしておきます。

YouTube研究所「インストリーム動画広告、成功の秘訣4箇条」

https://www.jpc-ltd.co.jp/movista/youtubelab/2014/06/post-10.html

成功事例を知ると、簡単にできそうな気がしてきますね!

なんと1~2秒の短い広告もあります。

フォード社『A few seconds you just can’t skip』

“広告をスキップ”できないほど短い動画CMの気になる内容って?
https://pmtv.jp/channel/contents/c93.html

短いだけではなく、ひねりのきいた内容が魅力的な動画広告です。

では、スキップされないために短い広告にすればいいのでは? と思ったあなた、下記もご覧ください。

YouTube クリエイター発見ハンドブック おすすめできない対処方法

https://support.google.com/youtube/answer/6046808?hl=ja

動画の長さではなく、やはり内容が人の心をつかむのです。

【クリックしたくなる】ためには「面白い」と思わせることも大事!!

【殿堂入り】 腹かかえて笑える動画

https://matome.naver.jp/odai/2138513432781276301

意外なものが、あなたの発想の手伝いになるかもしれません。

今回ご紹介した「インストリーム広告」のように、世の中にはいろいろな考え方の広告が存在します。静的なバナー広告など、ただクリエイティブをつくるだけでなく、ターゲットやデバイスに合わせたマルチな広告の形を考えていくことも重要な時代になってきたのかなと思います。

ディレクターとして生きる限り、考えることをやめてはいけないなと痛感しました。

タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事