Web marketing webマーケティング

 
調査・データwebマーケティング

【ニュースまとめ】スマホの利用率が6割超に

f17ceafb5032c1ebb15b28c658789ddc_s

平成26年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

今週は、総務省(IICP 情報通信政策研究所)が5月19日に公表した、『平成26年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書』に関してまとめました。この調査研究報告書は2012年から毎年発表され、今回で3回目となります。今週のニュースまとめはスマホに関わるデータを中心にまとめます。

https://www.fast-ask.com/report/report-cmarketing-20150423.html

 

スマホの利用率、20代は9割超え

052201

まず、情報通信メディアへの接触ポイントであるスマホの利用率ですが、前年代をとおして62.3%と昨年の52.8%から10ポイント弱の伸びをみせています。特に20代のスマホ利用率は94.1%と9割を超え、また40代も7割を超えて、幅広い年代でスマホの利用が進んでいます。

 

ソーシャルメディアの利用率は6割強

052202

ソーシャルメディア(LINE Facebook Twitter mixi Mobage GREE)の利用率も平成26年は62.3%まで上昇しており、ソーシャルメディアの利用が進んでいます。これはスマホの普及率と比例しているのですが、拡散性と爆発性を合わせ持つソーシャルメディアとスマホとの相性が良く、企業のマーケティングにおいては必須のメディアとなりました。

 

メールからソーシャルメディアへ

052203

ソーシャルメディアの平日の利用平均時間は70.9分、10代・20代は90分を超えており、反対にメールの利用時間は60分を下回っています。30代・40代ではソーシャルメディアの利用時間は50.7分(30代)、40.4分(40代)と比較的少なく、メールの利用が42.6分(30代)、63.4分(40代)という結果となっています。若者を中心にコミュニケーションの手段がメールからソーシャルメディアへ移行が進んでいることが分かります。

 

プラスαこんな記事

モバイルゲドンでどうなった?

#MobileMadness: サイトをモバイル フレンドリーにするためのキャンペーンを実施しました | google ウェブマスター向けブログ
https://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/05/mobilemadness.html

4月21日のモバイルフレンドリーアップデートではみなさんのサイトは変化が起きたでしょうか? 「サイトを1か月でモバイルフレンドリーにすることにチャレンジしてみましょう」というキャンペーンも張っていたようですが、まだ対応できていない方は、モバイルフレンドリーサイトのための確認シートなども用意されているので、チェックしてみてください。


今週の王子。私、本格的に王子の保育園への“送り”がスタートしました。残念ならがら住んでいる地域の保育園には入れなかったので、電車に乗って越境中。もちろん男の子なので当然「電車好き」。道中、電車を見るたびに「でんしゃ! でんしゃ! でんでんちゃ!」(なぜ最後は“でんちゃ”なのかは不明)と大騒ぎ。でも、保育園に着くと「グスン」。まあ、毎日大変ですが、楽しく通園しています。
ではではまた来週?

タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事