Web marketing webマーケティング

 
webマーケティング仕事

ネットショップを始める前に知っておきたい!【EC構築サービスまとめ】

みなさまこんにちは。

1人に1ショップの時代と言われるくらい、最近では簡単にネットショップを始められるようになりました。

すでにECをやっている方も多いと思いますが、初めてネットショップを作る場合、無料で簡単に始められるBASEから楽天のようなモールまで、数多くのサービスがあり「何がどう違うの?」なんて、選ぶのに迷ってしまいますよね。

そこで今回は、導入が簡単な順からカテゴリーごとに、特徴と主なサービスについてまとめてみました。

登録が簡単!無料のEC構築サービス

登録と商品画像をアップするだけで簡単にオンラインショップがオープンできるサービスです。テンプレート使用なので、細かいカスタマイズやデザインは限定的ですが、とにかく手軽にネットショップを始められます。

ママでも、在宅フリーランス。
楽しくやりがいのある仕事、自分らしい生き方。仕事も家庭も大切にするためのすてきな生き方を始めてみませんか?

初めてネットショップを開設する方や個人事業者、テストマーケティングでの利用が多いようです。

楽天やヤフーなどの大型モールのような集客は見込めないので、個人で集客する必要がありブログやSNSから誘導するなど、工夫が必要になってきます。

主なサービス

BASE

BASE
BASE U  こちらは、ネットショップ開設・運営・販促のノウハウが記載されているBASE公式サイトです。

 

Stores.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)

Stores.jp

独自ネットショップが作れる!レンタルショッピングカートASP

レンタルショッピングカートASPとは、ショッピングサイトのアプリケーションソフトをレンタルする仕組みのことです。ECサイト全体をレンタルすることが一般的で、導入コストが安く、サポートも充実しているので人気のサービスです。
カラーミーなどはHTML、CSSなどを編集する事で自由にサイトをカスタマイズして作り込むことができます。

ママでも、在宅フリーランス。
楽しくやりがいのある仕事、自分らしい生き方。仕事も家庭も大切にするためのすてきな生き方を始めてみませんか?

 

カラーミーショップ

低価格かつ高機能なので、最も人気のあるショッピングカートです。

カラーミーショップ

 

MakeShop

MakeShop

 

ショップサーブ

ショップサーブ

 

集客が期待できる大型モール

モールとはその名の通り、多数のショップが入ったウェブ上の仮想的商店街のことです。ほかのカテゴリーと比べアクセス数があり集客しやすいですが、店舗数、商品数が多いので低価格競争など、競合に勝つ工夫が必要になってきます。モールごとにそれぞれ固定費、販売手数料が異なります。

主なサービス

楽天Amazon、無料化になったYahoo!ショッピングなどは出店数が最も多く、他にもDeNAショッピングポンパレモール、アパレル特化のZOZOTOWNなど。

自由度の高いECのオープソース

オープンソースとは、ネット上にプログラムが公開され、誰でも無料で自由にに使用できるシステムのことです。

オープンソースそのものは無料ですが、サーバー代など諸費用が必要で、さらにHTML、CSS、PHPなどの知識やスキルが必要になってきます。

EC-CUBE

日本で最も使われているオープンソース

EC-CUBE

 

WordPress+WelCart

WPも、カートシステムのWelCartを連携させることでECサイトの構築ができます。

WordPress+WelCart

 

【番外編】話題のフリマアプリとハンドメイドショップ

最後に、利用者が爆発的に増えているフリマアプリやハンドメイドショップの個人間売買をまとめました。スマホで撮影してそのまま出品できる手軽さなどから、利用者がどんどん拡大しています!

主なフリマアプリ

メルカリFril(フリル)LINE MALLラクマ

主なハンドメイドショップ

minne(ミンネ)Creema(クリーマ)tetote(テトテ)

ママでも、在宅フリーランス。
楽しくやりがいのある仕事、自分らしい生き方。仕事も家庭も大切にするためのすてきな生き方を始めてみませんか?

いかがでしたか?

初心者はBASEやカラーミーで始めてみて、上級者はモールやEC-CUBEなどに展開していく…というのが一般的のようです。

最初はテンプレートで事足りていても、だんだんと自由にカスタマイズしたくなり、HTML/CSSなどを習得される方が最近増えてきています。

今回の記事でご紹介した以外にも数多くのサービスがありますが、商品の特徴や予算規模、販売方針などよって賢く使い分けしましょう!

この記事を書いた人


近藤れおな(こんどう・れおな)
青山学院大学卒業後、株式会社パソナ入社。人材コンサルタントとして、大手通信会社や外資系ホテルの採用・育成に携わる。 大学時代からパソコンは友達で、サイト制作やブログ作成・youtubeに熱狂する。 元々、ミュージシャンになりたかったが、巡り巡ってアイドルのプロデュースやマネジメントをするようになる。 育成・Web・音楽を軸に多方面で活躍中。尊敬する人物はイチローと松本人志。
タグ

記事mobifyロゴ
Mobify(モビファイ)とは

Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

 最新記事