Web marketing webマーケティング

 
webマーケティング

ディレクターなら知っておきたい! 外出先でも仕事がはかどる便利ツール

TOP用画像
急な外出が入った時や、移動時間も惜しんで仕事をせざるをえない状況になることはありますよね。そんなときに活用したい便利なツールをご紹介します。

Chromeリモート デスクトップ

話題としては今さらな感じのあるこちらのツール。スマホ上でもPCと遜色ないレベルで作業ができることはみなさんご存じでしょうが、意外とその操作方法をご存じない方もいるのでは? 現に私もスマホでクリック操作だけではすまない作業をしようとして、操作方法に戸惑ったのはつい最近のこと。今回はその使い方から操作方法までを徹底的にご紹介します。

そもそもどんなことができるの?

Chromeリモートデスクトップは、Google Chromeの拡張機能の1つで、パソコンとスマホなどのモバイル端末の双方にアプリを入れておけば端末からパソコンの操作を行うことができる画期的なツールです。
転送されてきたパソコンの画面を端末上で操作すると、そのままパソコンの画面も連動して動きます。ちなみに、端末上で操作しつつパソコン上でも操作が可能ですが、パソコン側の操作が優先されます。

パソコンでChrome Remote Desktopを設定する

操作したいパソコンには下準備としてGoogle Chromeのインストールと、Googleアカウントの作成が必要なので先に行いましょう。両方とも準備ができたら、いざChromeデスクトップをインストール!
手順としては、Google Chromeを起動して作成したGoogleアカウントでログインしたら、ChromeウェブストアでChromeデスクトップを検索して、右上の「CHROMEに追加」をクリックします。
この時、Cromeのアプリランチャーというものも一緒にインストールしないといけないので、合わせてインストールしてください。
ストア
Chromeウェブストア

アプリランチャー
Chromeアプリランチャー

今後、Chromeデスクトップを起動する時はアプリランチャーからか、もしくは任意の場所にショートカットを設定すれば簡単です。

アプリランチャーからChromeリモートデスクトップをクリックすると、Google Chromeとは別ウィンドウで起動します。初めて起動した時はGoogle Chromeに対して諸々のアクセス許可を求められますので、確認のうえ承認してください。
承認画面
問題なければ右下の「承認する」をクリック

承認後、以下のような画面になりますので、下にある「マイパソコン」の「利用開始」ボタンを押し、続いて同じく「マイパソコン」に表示される「リモート接続を有効にする」ボタンをクリック。そうすると「Chromeリモートデスクトップ ホスト インストーラ(chromeremotedesktophost.msi)」というものをDLするように促されるので、指示のとおりDL、インストールしてください。

利用開始
下段の「利用開始」をクリック

インストール完了後、「PIN」というパスワードを設定する画面になるので、任意の6ケタ以上の数字で設定します。これでパソコン側の準備はOKです。

スマホでパソコンを操作する

スマホでパソコンを操作する場合、App StoreやGoogle playでアプリをダウンロードします。
iOS版→App storeへ
Andoroid版→Google playへ

今回はiOS版で説明します。
アプリを起動するとログイン画面になるので、パソコン側で設定したGoogleアカウントでログインします。ログイン後、上記で設定したパソコンが表示され、アクセスしたいパソコンをタップすると「PIN」を要求されるので入力しましょう。
SPPIN要求
PIN入力画面

これでパソコンの画面がそのままスマホに表示されます。共有中は以下の通知が画面上に表示されます。

共有中の通知
共有中に表示される通知

スマホからの操作方法

スマホでの操作方法はタップやピンチイン/アウトなどの他、キーボード入力にも対応してますが、通常パソコンで行う操作とは異なるところも多いです。ちょっと慣れないと戸惑うところがあるので、ここで紹介します。

まずは画面の説明から。

SP共有画面
スマホから見たときの画面。上部にあるツールバーに注目。

  • ●左上の「×」
  • 接続を終了します。

  • ●右側のマウスのマーク
  • クリックするとカーソル表示・非表示の切り替え。
    また、非表示にするとカーソルに依存した動きではなく、タップと連動した操作が可能です。

  • ●右側のキーボードのマーク
  • タップするとキーボード操作ができます。
    この時注意するのはiOS上の日本語入力ではなく、PCの日本語入力を使用することと、iOSではQWERTYのキーボードでローマ字入力で行うことです。
    フリック入力はできません。

  • ●右側の四角いマーク
  • タップするとツールバーが非表示になり、全画面表示になります。

  • ●右端の縦に並んだ3つの点のマーク
  • ヘルプ閲覧やフィードバックが行えます。
    操作方法などに混乱したらここを見るといいでしょう。

    次に肝心の操作方法です。

  • ●ピンチイン/アウト
  • 画面の拡大・縮小ができます。

  • ●1本指でタップ→左クリック
  • この際注意が必要なのは、タップした部分がクリックされるのではなく、画面上のマウスカーソルがある部分がクリックされます。

  • ●2本指でタップ→右クリック
  • ここでも右クリックされるのはマウスカーソルがある部分です。

  • ●2本指でスライド→ホイール操作
  • トラックパッドと同じ操作方法ですね。

  • ●ロングタップ→ドラッグ
  • ファイルや文字列を選択する際に重宝する操作です。
    タップしている指を離せばドロップになります。

    これが一通りの操作方法になります。スマホやタブレットではキーボードが使えないので、ショートカットキーなどの再現は不可能なのでショートカットキーを多用する方はやきもきするかもしれませんが、外出先などでの緊急時にはとても役立つツールかと思います。

    PC⇔PCは当たり前! 今やPC⇔モバイルまで!

    ノマドなどの自由な働き方やスタイルが増えてきた昨今は、自宅のPCを外出先のノートPCで操作して仕事をすることは当たり前とも言えるようになりましたね。コーヒーショップでドヤ顔でノートPCを開いて仕事をしているサラリーマンも珍しくなくなりました。リモート操作は現状、操作性の面からPC⇔PCがメインであることはしばらく変わりないだろうとはいえ、日進月歩の世の中ですから先は分りませんよね。そのうちリモート操作をするのはモバイル端末が主流になる日も近いかもしれません。
    日常的にスマホやタブレットからPCを操作する機会は今はあまりないですが、近い将来実現するかもしれない日に向けて、Chromeリモートデスクトップのようにリモート操作ができる端末を準備しておいてはいかがでしょうか?

    タグ

    記事mobifyロゴ
    Mobify(モビファイ)とは

    Googleが認定しているマルチスクリーン対応のための最適化サービス。
    デバイスに応じ、専用にデザインされたサイトを表示することができます。
    ページの表示を高速化させる仕組みも持ち合せており、ユーザーの離脱を防ぐことが可能です。

    ▸Mobify(モビファイ)についてさらに詳しく

     最新記事